世界で活躍した日本のOld Noritake

更新日:2018年10月29日

日本の洋食器は戦時中に海外の需要に応えて世界で活躍しました

オールド・ノリタケは明治期から戦前までに欧米に輸出した陶磁器で、中でも”M”マークは希少です。Mがつくものでも周りの葉の飾りが上開き、下開き、又、葉が横に出ているか等で時代を特定することができます。因みにMは輸出商森村組の時代で、森村の下がり藤を逆さにしたもの。こちらは1920−1940年頃のスタンプです。明日は、このマークがついたティーセットをご紹介します

Old Noritake-Mikado's "M" (1920〜40’s)


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近寒すぎて布団から出るのが億劫になっている店主です。 次回11月のギャラリーですが本来は11月26~27日が第4土日ですが、諸事情により11月18日(月)~12月3日(土)に変更させて頂きます。 12月のギャラリーに関しては12月23~25日の3日間を予定してます。 よろしくお願いいたします。 その他にもお電話でのご来店予約も受け付けております。 いつでもお気軽にお問い合わせください。 骨董蝸牛

皆様明けましておめでとうございます。 本年も蝸牛をよろしくお願いしますいたします。 昨年はコロナウイルスの流行で自由に外出が出来ない中、例年をはるかに超える方々にご来店いただけました。 今年も皆様にご満足いただける商品を頑張って仕入れてまいりますので応援宜しくお願い致します。 新年のギャラリーは1月22〜23日となってます。 素敵な新商品も多数ありますのでご来店を心よりお待ちしております。